やっちゃった!直せるの?

画面割れなら自分でも直せる

iphoneを自分の過失により壊してしまうことがよくあります。 壊れてしまう内容は様々ですが、比較的多い故障が画面割れです。 画面割れすると修理依頼しなければ直らないと思われがちですが、実は自分で直すことも可能です。 通販サイトで画面交換のための部品が販売されています。 さらに部品だけでなく、交換修理するために必要な工具やアイテムも販売されているため、修理可能です。 修理方法はネットで紹介されていますので、分解の仕方がわからない人でも不可能ではありません。 ただ、簡単に交換修理を可能としているわけではなく、多少の技術も求められてしまいますので、不安があるようなら自分で修理するのではなく、メーカーもしくは修理店に依頼しましょう。

水没は修理不可能な場合が多い

多い故障で修理が難しくなるのが水没です。 iphone7以降、耐水性能がありますので水に強くなりましたが、それ以前のiphoneは耐水性能はなく水に弱いです。 水没すると故障する可能性が高いのですが、状況によって修理不可となります。 なぜ修理不可となるのかですが、それは全てのパーツがショートして壊れている可能性があるからです。 水は電気を通してしまうため、水没することでショートすることがあります。 一部のパーツでショートするのなら交換修理可能ですが、複数ショートして使えない状態になると、全パーツ交換の必要性がでます。 全てのパーツを交換すれば良いことですが、それだと新品購入したほうが安くなることがあるため、修理不可の扱いをされてしまいます。 水没したら、直せない可能性があると考えておきながら一度みてもらうのがおすすめです。

iPhoneの画面割れを放置して、そのまま使用している人、けっこういます。たかが画面割れでも、修理に出すと意外とお金がかかりますし、動作には影響がないので、ついそのまま使ってしまうのです。