iPhoneの水没、焦る前にやることはコレ!

水没直後の対応について

大切なiPhoneを水没させてしまった時には、焦らずにまず電源を落としましょう。バッテリーを取れば確実なのですが、残念ながらiPhoneの場合はユーザーがバッテリーを外すことは出来なくなっています。その後、水分をしっかりと拭き取りましょう。特に筐体内部の水分も吸い取りたいので、iPhone下部のスピーカーの穴から水を出して、新聞紙などで吸い込ませると良いでしょう。また、密封できるタッパーにiPhoneとシリカゲルを入れて1日位おくと内部の水分も蒸発しますので、効果的に乾かすことが可能です。完全に乾ききったら、内部が壊れていなければ電源が入るはずです。電源を入れてもすぐに電源が落ちてしまう場合はまだ乾燥が十分ではありません。

乾燥させても動かない場合

水没させてしまったiPhoneをご紹介した方法で乾燥させても、動かないこともあります。これは、水没直後に内部の回路がショートしてしまい部品が破損した可能性があります。その場合は、メーカーか、民間のiPhone修理業者に持ち込んで修理してもらいましょう。メーカー修理をした場合は約3万円程度の料金となります。民間の修理業者の場合はおおよそ2万円から3万円程度となります。水没して故障してしまったとしても、約90%の確立で内部のデーターは復旧が可能です。民間の修理業者では、データー復旧が不可能であった場合は、修理代がゼロ円となるところもあるので、キャンペーンなどを確認しながら修理業者選びをするのが得策です。