スピーカーから出る音が変!パーツ交換で修理可能!

スピーカーの音が変になる原因と対策

iPhoneを使っていると、スピーカーの音が変になるというトラブルが起こる場合があります。主に水没などが原因で起こると言われており、音割れやノイズの他、音が小さくなったり、音が出なくなるなどの症状が見られます。これらの症状が出た場合は、業者などに依頼してスピーカーを交換することで解決できますが、交換する前に試しておきたいことがあります。それは、スピーカー部分などの乾燥や掃除です。まず水没してしまったケースでは、内部に溜まってしまった水によって音がこもることがあるため、しっかりと乾燥させることで、改善できる場合があります。そして、スピーカー部分にほこりが溜まっている場合も音が変になることがあるため、ブラシなどを使って掃除をするとよいでしょう。

故障している可能性がある場合は業者へ依頼する

iPhoneのスピーカー部分の乾燥や掃除をやっても改善しない場合は、スピーカーが故障している可能性があるため、修理業者にパーツ交換を依頼する必要があります。修理業者は、全国各地に存在するため比較的探しやすいと言えますし、即日対応してくれる業者もあるため、ニーズに応じて選べると言えるでしょう。ただし業者によって修理代が異なるため、できれば複数の業者を比較検討した上で選んだほうが賢明だと言えます。また、業者へ依頼する他にも、必要なパーツを取り寄せることで自分で交換を行うこともできますし、費用も安く済みます。ただし自分で行う場合はすべて自己責任になってしまうため、その点はよく注意した上で行うようにしましょう。